×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カップラーメン歴史

1971年9月18日に日清食品が発売した「カップヌードル」が最初のカップラーメンである。
インスタントラーメンのセールス欧米に行った時、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを入れて湯を注ぎフォークで試食からカップラーメンが誕生したと言われている。
カップラーメンはカップめんで、正式名は即席カップめんです。
即席めん類で、食器として使用できるカップ状の耐熱耐水容器などに入ったかやくを添付されたものをカップめんという。
中身がインスタントラーメンのものがカップラーメン、そばうどんなどが入っているものがカップそば、カップうどんと分けて言う。
日本で発売されているカップラーメンでは、東日本と西日本の地域でそれぞれ味付けが違うことがある。
カップラーメンが、普及したきっかけは、あさま山荘事件の時に、テレビで警官隊がカップラーメンを食べている姿がよく放映されたことが要因ではないかと言われている。
現在では、麺類全般で製品化され、カップラーメンは海外で生産・販売も行われている。

カップラーメンと牛乳

カップラーメンを牛乳で作るとうまいという話がある。
本来、カップラーメンはお湯で作るのが当たり前であるが、沸騰した牛乳を入れると洋風の味が楽しめようだ。
カップラーメンをおいしく食べる裏技である。
定番『カップヌードルしょうゆ味』と牛乳で3分後、ふたを開けるとすごくいい香り。
スープはまるでコーンポタージュのような味で、麺もメチャクチャうまいですね。
牛乳がスープにも麺にも見事にマッチし、まるでスープスパゲティのようです。
たまごはふわふわに、エビはやわらかく、肉はずっしりと、熱湯を使ったラーメンよりも具がはっきりと主張し、素材の味を生かすならお湯よりも牛乳のほうがいいかもしれません。
牛乳の臭みもあまり感じられないようです。
牛乳カップラーメンは一度自分で食べてみることをオススメします。
自分で食べてみてカップラーメンと牛乳の体験はお楽しみということです。

カップラーメンと日清カップヌードル

カップラーメンは醤油ベースに人気が集中しているようです。
一番人気があるカップラーメンは、定番中の定番といわれるカップラーメン、日清のカップヌードルの醤油味です。
1971年に発売され、麺・具・スープの味は発売以来ほとんど変わっていなくって、カップヌードルはたまに食べたくなる人が多いというようです。
生タイプのカップラーメンやノンフライ麺のカップラーメンが主流となる中で、日清のカップヌードルはまだまだ圧倒的な人気を保っています。
日本人の口に合うように絶妙に味付けされているしょうゆ味がとりこになっているのでしょう。
日清のカップラーメンで人気が高いのがシーフードヌードル。
シーフードヌードルのカップラーメンは、1984年に発売され、海の幸のヌードルとして人気をあつめ、魚介類のうまみが凝縮されたオリジナルスープがくせになるおいしさなのでしょう。

Copyright © 2008 カップラーメンは日清カップヌードル